スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PinkなYokohama

なんとなく、パチリ。

IMGP6397
IMGP6397 posted by (C)kj

錦糸町~押上・東京スカイツリー

三連休の中日。
家でダラダラと過ごしていましたが、このままではダメだ!とカメラを片手に近所をお散歩してきました。

外に出ると、牛島神社の祭礼と言う事でお神輿が。

IMGP6088
IMGP6088 posted by (C)kj

IMGP6089
IMGP6089 posted by (C)kj

お祭りも被写体としては面白いのですが、”動き物”の撮影が苦手な事もあり押上方面へ移動ー。

で、
押上までやって来ました。東京スカイツリー!

IMGP6121
IMGP6121 posted by (C)kj

現在の高さは 461m だそうです。
どんどん高くなりますね~。

IMGP6126
IMGP6126 posted by (C)kj

第一展望室の外壁も付き始めましたね。

IMGP6137
IMGP6137 posted by (C)kj


さてさて、
夕日が綺麗な時間となりまして、西の空はオレンジ色に染まっていました。

IMGP6165
IMGP6165 posted by (C)kj

IMGP6187
IMGP6187 posted by (C)kj

スカイツリーを眺めるギャラリーの人々もオレンジ色に染まって。
まるで「三丁目の夕日」の一シーンの様ですね。

IMGP6194
IMGP6194 posted by (C)kj

少し移動して十間橋へ。
逆さスカイツリー!

IMGP6204
IMGP6204 posted by (C)kj

まだなんとか15mのレンズでも画角に入りますね。


さらに移動。
以前も来た場所から広角レンズでパチリ。

IMGP6220
IMGP6220 posted by (C)kj

ちょうど夕日が沈む時でした。
西の空は燃える様。

IMGP6246
IMGP6246 posted by (C)kj

刻一刻と変わる空の表情を眺めていたら、いつまで経っても飽きないものですね。

IMGP6267
IMGP6267 posted by (C)kj


とは言えさすがに暗くなってきたので、ボチボチ帰る事にしました。
最後にもう一枚だけパチリ。

IMGP6303
IMGP6303 posted by (C)kj


スライドショーはこちら → フォト蔵・スライドショー(20枚)

Jリーグ 第23節 浦和 vs 清水

Jリーグ 第23節
浦和 1-1 清水

気持ちの良い秋晴れの中、埼玉スタジアムまで行ってきました。

IMGP5795
IMGP5795 posted by (C)kj

この日は清水の選手として小野伸二が埼スタにやってくる日でもありました。
怪我の多い印象だった彼も、清水加入後は好調をキープしている様で、正直言って複雑な感情もあったのですが。。

IMGP5822
IMGP5822 posted by (C)kj

黒い練習用キットを着てアップする姿を見ていると、あぁ、敵の選手になったんだなぁと改めて実感しました。

またこの日は、山田暢久のJリーグ通算450ゲーム出場、岡本拓也のリーグ戦初スタメンと言う記念すべき日でもありました。

IMGP5965
IMGP5965 posted by (C)kj

IMGP6024
IMGP6024 posted by (C)kj

サブメンバーには(ついに髪を切った)田中達也が戻ってきましたし、まだまだ負傷離脱者が多いながらもアップを続ける選手達の表情は明るいものでした。
これもチーム状態が確実に上向きになりつつある事の証明でしょうかね。

IMGP5928
IMGP5928 posted by (C)kj

IMGP6000
IMGP6000 posted by (C)kj

さてゲームですが、
立ち上がりからレッズがボールをポゼッションして攻め、清水はカウンターを狙うと言う展開でした。
立て続けに大きなチャンスを作り出し、19分にエジミウソンがゴール!

ショートカウンターでロビーからエジにパスが出て、エジが相手ゴールに向かってドリブル。そしてそのまま鋭いシュートと言う流れは、どうしても遅攻になりがちでゴール前でアイディア不足に悩むレッズ攻撃陣の姿を見ていた身としては非常に嬉しいものでした。
やはり速攻と遅攻をバランス良く繰り出さなければ、ゲームのリズムを物にする事が出来ませんからね。

先制点の後、しばらくビッグチャンスが続きます。
エジミウソン、原口、ロビーが清水ゴールを脅かすものの、追加点を奪うまでには至らず。

IMGP6032
IMGP6032 posted by (C)kj

良い時間帯に得点できないとしっぺ返しを食らうもので、38分の清水の最初のビッグチャンスで岡崎に決められてしまいました。。
藤本淳吾がゴールラインぎりぎりまで切れ込んで中にクロス。その折り返しを岡崎が上手くトラップ、反転してアクロバティックな素早いシュート。あれを決められてしまうと、仕方無いですねぇ。。

IMGP6040
IMGP6040 posted by (C)kj

1-1のまま前半終了。

ハーフタイムを終えて選手達がピッチに戻ってみると、ロビーと達也が交代していました。
前半最初の頃に足を押さえていたロビーですからね。騙し騙しプレイしていたものの痛みが酷くなってきたのでしょうね。

ロビーの不在により、レッズは中盤の柏木と細貝により負担がかかる事になりました。
夏場以降その攻撃センスを発揮し始めた柏木と、文字通り縦横無尽にピッチを駆けてプレイのレベルが一段上がった細貝。
実に頼もしい二人なのですが、ことコンダクターとしてのロビーの役割をこなすにはまだまだ経験不足なのか。レッズの攻撃からリズムに変化をつけたり、決定的なパスを通すと言ったシーンが減っていきました。
その影響からか前半は大活躍していた原口が段々と消えていく事に、、、。


結局、後半は時間が進むにつれ、両ゴール前を行ったり来たりする様な大味な展開に。
田中達也が相手GKをかわすもこぼれ球をゴールライン上でクリアされたり、スピラノビッチが抜群の安定感で制空権を握った事もあり(ヨンセンに殆ど仕事をさせなかった!)あわや失点と言うシーンも無いままタイムアップ。

IMGP6054
IMGP6054 posted by (C)kj

GWの名古屋戦以来のホーム・埼玉スタジアムでの勝利はまたしてもお預けとなりました。

勝てただけに非常に悔しいゲームでした。
もう少しで殻を破れそうな気配はプンプンするのですが、なんとももどかしい日々が続きますねぇ。。

IMGP6061
IMGP6061 posted by (C)kj


スライドショーはこちら → フォト蔵・スライドショー(28枚)

Jリーグ 第22節 FC東京 vs 浦和

Jリーグ 第22節
FC東京 0-1 浦和

鹿島戦に応援に行けませんでしたからね。
随分と久しぶりのJリーグでした。

IMGP5521
IMGP5521 posted by (C)kj

IMGP5544
IMGP5544 posted by (C)kj

今年初めてのアウェイゲーム。味スタも随分昔にヴェルディ戦を観戦に来て以来でした。

IMGP5627
IMGP5627 posted by (C)kj

FC東京とは相性が良いらしく、レッズはいつも勝ち点と言う意味で助けられています。
今回も、成績不振で降格圏が近付いている相手に油断する事なく、落ち着いてゲームに入る事が出来た様に思います。

いつもの様にボールポゼッションを高めてじっくりと攻めて行くレッズ。
代表帰りの細貝と、天皇杯で活躍した原口の二人が躍動していました。
ただ、最終ラインからのビルドアップから中盤まではボールが面白い様に繋がりますが、肝心の相手ゴール前でのアイディア不足で中々決定的なチャンスには至らず。

対するFC東京も、最近の成績が示す通り問題を抱えている様子でしたね。
しかも前半の内に羽生、高橋が相次いで負傷交代。
チームとしての流れが悪い時って言うのは、とにかく悪い事が重なるものなのですよね。

そんなこんなでスコアレスで前半終了。

IMGP5647
IMGP5647 posted by (C)kj

後半に入って、やっとゲームが動きました。
66分に柏木・エジミウソンとパスが繋がり、原口へ。ペナルティエリア内での森重のタックルで原口が後ろから倒されPK獲得!
ロビーが落ち着いてゲットゴール!!

その後も追加点を狙って攻撃を仕掛けるレッズでしたが、運動量が落ちてきてゲームは膠着状態に。
やはりナイトゲームとは言え真夏のゲームは厳しいですね。。


終了間際には相手がパワープレイを仕掛けてきて、鹿島戦の嫌な記憶が思い出されましたが、なんとか失点せずにタイムアップ!
またしてもFC東京にはゴールを許さずに勝利する事が出来ました♪

IMGP5673
IMGP5673 posted by (C)kj


そして皆で歌う ”We are Diamonds” が始まり、、、。

IMGP5679
IMGP5679 posted by (C)kj

JリーグでのWe are Diamondsは、個人的には約五ヶ月振り。長かったですね。。
感無量でした!


スライドショーはこちら → フォト蔵・スライドショー(20枚)

東京ジャーミイ

板橋で「ヒックとドラゴン」を観た後、この日のメインイベント、Jリーグ観戦の為に調布に向かったのですが。
キックオフまで時間があったので代々木上原で途中下車。

ちょっとだけ東京ジャーミイに寄ってみました。

IMGP5450
IMGP5450 posted by (C)kj

IMGP5477
IMGP5477 posted by (C)kj

IMGP5485
IMGP5485 posted by (C)kj

中の様子も写真に撮りたかったのですが、さすがにそれは時間がありませんでした。
楽しみは後にとっておかないと、ね。

そんなこんなで、汗だくになりながらカメラ充。
満足して味の素スタジアムに向かったのでした。


スライドショーはこちら → フォト蔵・スライドショー(7枚)

「ヒックとドラゴン」を観ました。(ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋にて)

IMGP7461
IMGP7461 posted by (C)kj

映画「ヒックとドラゴン」を観ました。

アバターをスルーした自分にとって、生まれて初めての3D映画。
初めて3D映画を観るにあたって色々と調べてみると、どうやら上映方式がいくつかある模様。
曰く、「XpanD」「RealD」「Dolby3D」「IMAX3D」の四方式。

映写する映像自体や眼鏡によって見え方の印象がかなり違う様で、IMAXでの上映が無い「ヒックとドラゴン」の場合、「RealID」方式がベストかな?と、わざわざ板橋の劇場まで出向いたのでした。

上映が始まってまず思ったのは、3D凄い!って事でした!←今さら

手前に飛び出してくるって感じよりも、画面の奥行き感が凄いなぁ、と。
何よりも、ヒックが初めてドラゴンを操って空を飛ぶシーンの素晴らしさと言ったら!

カメラの動きが速くなると立体感を認識し辛くなる時もありましたが、やはり3D映画にとって映像演出の向き不向きはありますね。


作品のストーリーとしては、
バイキング一族のひ弱な少年・ヒックが、ひょんな事から怪我をして飛べなくなったドラゴンのトゥースと出会うのですが、本来天敵同士である彼らが空を飛ぶと言う一点で心を通わせ、やがて友情が生まれるのです。
そして、ヒックとトゥースが世界を変えてしまう奇跡を起こす、、、と言うアクション・アドベンチャー映画ですね。

この作品もやはり少年のイニシエーションの物語でした。
周囲の仲間といかにして友情を育み、目の前にある大きな存在を乗り越えていくのか。
ヒックにとっても、トゥースにとっても、それは切実な問題なのですね。


素晴らしいストーリーと3D映像にグイグイと惹き込まれていたのですが、、、。

最後の展開がどうにも個人的に納得出来ない感じでした。
ネタバレになってしまいますから細かい事は言えませんが、結局人間とドラゴンとは違うって事なの?と。
子供向けの作品だから、こう言う話の着地で良いって事なのでしょうかね。。。

なんだかモヤモヤした気持ちで劇場を後にしたのでした。

夏の記憶

IMGP5782
IMGP5782 posted by (C)kj

この日で青春18切符の期限が切れました。
今年は静岡ガンダム千畳敷カール上田城を見に行けましたからね。満足!

「カラフル」を観ました。(TOHOシネマズ 錦糸町にて)

映画「カラフル」を観ました。

IMG_0005
IMG_0005 posted by (C)kj

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」で絶賛された原恵一監督の最新作。

”「僕」は一度死んだはずだが、天使に「抽選にあたりました!」と言われ、生まれ変わり「小林真」という中学生としてもう一度人生をやり直すチャンスを与えられる。そして、小林真としての生活が始まるのだがさまざまな困難が立ちはだかった。”・・・と言うストーリー。

全くの他人として再び生きる事になった「僕」が、いかにして「小林真」と言うアイデンティティを獲得していくのか。
その過程で様々な壁にぶつかり、また、仲間と巡り会って成長していく。

人間は皆それぞれ複雑な顔を持っていて、見る角度によって美しくも醜くもなる。
それに気付いた「僕」は、「小林真」と言う自分を肯定する事が出来る様になるのですよ。

これは実に正しいイニシエーションの作品ですね!素晴らしい!


P.S.
ブスッ子を演じる宮凬あおいさんは可愛い過ぎる!

P.P.S.
これは全くの余談ですが、この作品の所謂オチは観ている途中(最初の方)である程度想定出来てしまいました。
某シックス・センスでも同じ様に途中でオチに気がついた事があったのですが、あの時は最後のネタバラしでの驚きが半減して困ったものでした。
でも今回は、あぁやっぱりねとなっても感動が薄まる事は無かったですね。
あちらはビックリ箱の様なホラー作品で、こちらはストーリー物の作品と言う違いからでしょうか?

天皇杯 2回戦 浦和 vs 東京国際大学

第90回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
浦和 7-0 東京国際大学

昨年は初戦で不覚を取った天皇杯、レッズを応援しに駒場スタジアムまで行ってきました。

IMGP5177
IMGP5177 posted by (C)kj

場内に入ってみて、まず驚いたのがピッチの酷さ!
埼スタの芝はあんなに美しい状態なのに、どうしてこんな事になってしまったのか。。

IMGP5181
IMGP5181 posted by (C)kj

それから、これは日程の都合上どうしようもないのですが、代表チームに細貝、スピラノビッチ、サヌが抜け、また怪我人も多いと言う事で、濱田水輝が今シーズン初スタメン。
ベンチにはユースの矢島倫太郎が入り、それでようやく控えメンバーが5人と言う状況。
相手が大学生なのは、正直助かりました。。

IMGP5244
IMGP5244 posted by (C)kj

IMGP5286
IMGP5286 posted by (C)kj

ゲーム開始後5分と言う非常に早い段階で先制点を取れた事が、この日の結果を左右したと思います。
格下相手のノックアウトラウンドでは先制点が非常に重要で、エジミウソンのゴールでほぼこの日の決着は見えたかな、と。

ピッチが酷い事もあり、普段の様なパス回しは出来なかったレッズですが、やはり大学生とは個人スキルが格段に違いますからね。相手のプレッシャーをあまり感じる事無く追加点を重ねていく展開に。

IMGP5300
IMGP5300 posted by (C)kj

最終的には7-0でタイムアップ。

ロビー、原口、柏木の頑張りが光りましたね。
高崎も見事にゴールを決めてくれました!


さて、
ゲーム終了後、イングランド・チャンピオンシップ、レスター・シティへの移籍が決定した阿部ちゃんが場内を一周。サポーターに別れの挨拶をしてくれました。

ゴール裏ではスタンドの中にまで登って来てくれて、コールリーダーとも抱擁。
なんと言う胸熱!

IMGP5351
IMGP5351 posted by (C)kj

IMGP5360
IMGP5360 posted by (C)kj

クールダウンの為にピッチに出てきた選手達も、阿部ちゃんの方にやってきて、、、

IMGP5374
IMGP5374 posted by (C)kj

胴上げ!!

IMGP5379
IMGP5379 posted by (C)kj

名コンビ(?)だった坪井との抱擁に、またまた胸熱!

IMGP5389
IMGP5389 posted by (C)kj


阿部ちゃんの登場からずっと続いていた阿部勇樹コールは、いつしか「We are Diamonds」の大合唱へ!
あんなに長い長いWe are Diamondsを歌ったのは初めてでした。。。

IMGP5396
IMGP5396 posted by (C)kj

阿部ちゃんも泣いていて、、、スタンドにいる僕らも皆泣いていたと思います。。。

IMGP5414
IMGP5414 posted by (C)kj

泣きながらWe are Diamondsを歌い、シャッターを切って。。

IMGP5427
IMGP5427 posted by (C)kj

この時間が永遠に続けば良いのに、、と思いましたが、やはり終わりと言うものはやって来るのですね。。
最後に浦和レッズ・コールで阿部ちゃんを見送ったのでした。。

IMGP5442
IMGP5442 posted by (C)kj


スライドショーはこちら → フォト蔵・スライドショー(30枚)

長野・上田に行ってきました。

青春18切符の使用期限が迫ってきましたから、上田まで日帰り旅行に行ってきました。

先日の千畳敷カールの時と同じく、始発電車で出発、最終電車で帰宅と言う行程です。


お茶の水、八王子と中央本線を乗り継ぎ、小淵沢駅へ。

IMGP4825
IMGP4825 posted by (C)kj

今日も甲斐駒ケ岳は美しい姿でした。

IMGP4823
IMGP4823 posted by (C)kj

ここから小海線に乗り換え。

IMGP4829
IMGP4829 posted by (C)kj

IMGP4846
IMGP4846 posted by (C)kj

美しい高原の景色が広がる中、小海線は小諸駅へ向かいます。

IMGP4849
IMGP4849 posted by (C)kj

小諸駅でしなの鉄道に乗り換え、ようやく上田駅に到着。

IMGP4885
IMGP4885 posted by (C)kj

上田駅を出て、まず最初に目に飛び込んできたのがこの景色!

IMGP4854
IMGP4854 posted by (C)kj

IMGP4860
IMGP4860 posted by (C)kj

上田市、色々と始まり過ぎですwww

IMGP4871
IMGP4871 posted by (C)kj

駅前の真田幸村像がなんだか地味な存在になってましたw

電光表示を見れば分かるのですが、なんとこの時点で気温は36度!
猛暑の東京を抜け出して高原に行けば少しは涼しいだろうと言う希望は、無惨にも打ち砕かれたのでした。。。

ま、上田は盆地ですからね。
暑くなっても当然だったのでしょうか。。


気を取り直して、移動開始。

まずは上田高校へ。
ここは上田藩の藩主館跡に建てられており、校門は上田藩主居館表御門を今でも利用しているのです。

IMGP4887
IMGP4887 posted by (C)kj

IMGP4891
IMGP4891 posted by (C)kj


続いてやって来たのが、今回のメインイベント、上田城です!

けやき並木を見下ろしながら旧二の丸内へ。

IMGP4905
IMGP4905 posted by (C)kj

そして、天守閣の無い上田城にあって、最も有名な東虎口櫓門。
南櫓と北櫓が両隣に控えています。

IMGP4915
IMGP4915 posted by (C)kj

IMGP5019
IMGP5019 posted by (C)kj

東虎口櫓門の脇の石垣には、真田石と言う大きな石が鎮座しています。
真田昌幸が上田城築城の際に太郎山より掘り出した大石で、その子信之が松代へ移封の時、この石を家宝として持って行こうとしたが微動だにしなかったのだそうです。

IMGP4924
IMGP4924 posted by (C)kj

東虎口櫓門を抜けると、正面に見えるのが真田神社です。

IMGP4927
IMGP4927 posted by (C)kj

IMGP4938
IMGP4938 posted by (C)kj

IMGP5050
IMGP5050 posted by (C)kj

神社の裏手には真田井戸と言う古井戸があり、「城外への抜け穴になっていた」との伝説があるそうです。
さすがに戦国時代、実戦を経験しているお城ですからね。真田氏の居城としてはさもありなんと言った話です。

IMGP4951
IMGP4951 posted by (C)kj


真田神社の奥には、江戸時代初期からそのままの姿で残る西櫓が。

IMGP4964
IMGP4964 posted by (C)kj

IMGP5084
IMGP5084 posted by (C)kj


IMGP5072
IMGP5072 posted by (C)kj

本丸北西隅櫓跡に残された礎石。
石の中央は円形の柱座が彫られていました。

IMGP5077
IMGP5077 posted by (C)kj


IMGP5088
IMGP5088 posted by (C)kj

IMGP5098
IMGP5098 posted by (C)kj

IMGP4978
IMGP4978 posted by (C)kj

IMGP4985
IMGP4985 posted by (C)kj

城の南側から見る西櫓。
こちらは当時千曲川の分流である尼ヶ淵が流れており、天然の防御となっていました。

IMGP5115
IMGP5115 posted by (C)kj

IMGP5130
IMGP5130 posted by (C)kj

ぐるりと回って、けやき並木へ。
ここは二の丸の堀の跡でもあるのですね。

IMGP5135
IMGP5135 posted by (C)kj

二の丸橋。

IMGP5145
IMGP5145 posted by (C)kj

IMGP5157
IMGP5157 posted by (C)kj

IMGP5156
IMGP5156 posted by (C)kj


さてさて、帰りの時間が迫ってきました。

短いひと時でしたが、上田城を堪能する事ができ城充でした。
満足満足。

上田駅に戻ってくると、空はすっかり秋模様。

IMGP5171
IMGP5171 posted by (C)kj

IMGP5174
IMGP5174 posted by (C)kj


スライドショーはこちら → フォト蔵・スライドショー(60枚)
プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。