スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恍惚と課題と。

Jリーグ 第8節
清水 2-2 浦和

アウェイに乗り込んでのエスパルス戦。
先日の名古屋戦に続いてのネットTV観戦でした。


先発は、

GK 都築
DF 山田暢、坪井、闘莉王、細貝
MF 鈴木、阿部、山田直、ポンテ
FW エジミウソン、原口

前節の千葉戦と変わらず。
今はチーム熟成の時期と見てのメンバー固定策なんでしょうかね。
GWが始まって連戦が続きますから、そろそろターンオーバーをやってくるかと思われたのですが。

さて、ゲーム開始からレッズは攻めます。
清水は中盤でのプレッシャーを放棄したのか、引いて守るだけ。しかもDFラインがやたらと深いので、バイタルエリアであってもパスが簡単に回せます。
さすがにゴール前は相手人数が多い為に中々シュートまで持っていけないのですが、レッズのポゼッションの時間が続き、この展開だと得点がいつ入ってもおかしくない、と思ったのですが。。

しかししかし、そうこうしてる内にカウンターから原が抜け出し、それを闘莉王が引っ掛けてしまってPK献上。
前半17分に失点してしまいました。

これで、ここの所続いていた1対0での勝利の方程式が崩される事に。
巷では、一部でフィンケ監督は実はイタリア人だったのでは?なんて噂が立ったり立たなかったりしていましたが、これで彼が正真正銘のドイツ人である事がハッキリしました(笑)

ま、それは冗談ですが。
失点してもレッズペースのゲーム展開は続きます。

この日のレッズは、いつものショートパスでの展開に加えて、サイドチェンジのミドルパスが時折混じっており、順調に攻撃面での成長が進んでいる事を感じさせました。

相変わらず直輝はボールのあるエリアに常に顔を出しますし、原口は左サイドに張って中へ切れ込むドリブルが冴えていました。右サイドでは暢久がガラ空きの相手左サイドへ侵入し、気持ち良さそうにドリブルやクロスを繰り出します。ロビーも中盤で王様の様に君臨してボールを捌き、ゴール前に侵入しては危険なシュートを放つのです。エジミウソンだって抜群の運動量とポストプレイでレッズ攻撃陣を支えていました。

いやいやいや、レッズ楽しいです。

などと実に楽しいフットボールを堪能していると、35分にポンテ先生がゲットゴール!
中盤でパスを繋いでゴール前に攻め込み、こぼれ球に詰めたロビーが決めました。
今シーズンのレッズを象徴するような流れの中からの美しい得点でした。


さて後半。

ゲーム後のインタビューで長谷川監督が語っていましたが、どうやら清水は後半勝負と考えて、エースの岡崎を温存していた模様。
てなわけで、55分に原に変わって岡崎が出てきましたが、それにしたって清水の中盤放棄は変わりませんから、レッズの時間帯がまだまだ続きます。

いやしかし、清水って、こんなチームでしたっけ??
確かに今シーズンはイマイチ調子が出ていないと言われていましたが、これは確かに酷いですねぇ。
守備はベタ引きで攻撃はヨンセンの頭に放り込むだけ。運が良ければ岡崎が気合いでゴールできるかも、だなんて。
フットボールに対して人一倍プライドが高い(と思われる)清水の人達が、こんなゲームをずっと見させられて一体どんな気持ちなんでしょうか?
レオンを否定してオジーを愛した清水サポの心中や如何に。

思えば、日本平スタジアムはネーミングライツで「アウトソーシングスタジアム」なんて言う最低な名前に変わってしまいましたが、岡崎、ヨンセン、永井、と頼みの攻撃陣を皆アウトソーシングしている(出身が清水以外)なんて、シャレがキツくて笑えませんね。。

そうです。
今日は、永井と袂を分かってから初めての対戦となる日だったのです。
果たして敵となった彼を前にして、自分の中にどんな感情が芽生える事になるのか?と考えていたのですが、存外特に感慨の様な物はありませんでした。
それもこれも、彼が交代出場する直前に直輝がビューティフルゴールを決めていたからでしょうか。

後半残り20分を切って勝ち越し点を獲得したレッズ。
いつもの流れならこのまま逃げ切りの展開でした。
しかし、好調なレッズに思わぬ落とし穴が。。

原口、直輝が相次いで交代。セルと堀之内がゲームをクローズさせる為に入ったのですが、この交代で一気にチームのバランスが崩れてしまいました。
運動量豊富な直輝がいなくなってポゼッションが弱くなってしまったのも痛かったですが、原口のいなくなった左サイドに元気な辻尾がどんどん侵入してきてサイドバックの細貝が大忙しに。
結果論ですが、セルではなく左にアレックスを投入しておけば、ゲーム終了間際にバタバタした展開にならなかったのでは?と考えます。

そんなこんなで、87分にパワープレイから失点。。

ゲーム終了後に両チームの選手達が次々と崩れ落ちる程の激戦でした。
レッズにとっては勝ち点2を失ったと言っていいでしょうね。


さて、このゲームで明らかになったのは、次の二点。

一点目は、今シーズンのレッズの好調を支えているのは、中盤の豊富な運動量から得られるボールポゼッションだと言う事です。
この大前提が崩れると、DFラインは当然下げさせられる事になりますし、そうなると如何にセンターバックが強力だと言っても、パワープレイをやりつづけられていつかはミスも出てしまいます。

もう一点は、確かにレッズの選手層は厚いのですが、やはり先発メンバーと控えメンバーとの間には戦術理解度に少し差がある、と言う事です。
やはりフィンケ監督が先発メンバーを固定するのには訳があったのです。
アレックスが先発で使われていないのも、チームのオートマティズムをまだまだ理解できていない、との判断からなのでは無いでしょうか?
彼には純粋な突破力や爆発力がありますから、飛び道具としての魅力は十分なのですがね。


まぁそんな事を考えてしまうのも、実は贅沢な悩みと言えるかも知れませんね。
チームの再構築が始まってからまだ半年も経っていませんし、尚かつ、それでいて首位争いをしているのですから。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。