スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ってたよアレックス。

Jリーグ 第4節
浦和 1-0 大分

桜咲く埼玉スタジアム。
北越谷駅で乗ったシャトルバスからも、途中の元荒川ではお花見をしている人達を目にする事ができました。
先月のFC東京戦では、まだ寒くて冬物のコートを着ていましたが、もうすっかり春モードですね。

IMGP2374
IMGP2374 posted by (C)kj


さてさて、ゲームの方ですが、

先発は
GK 都築
DF 山田暢、坪井、闘莉王、アレックス(!)
MF 鈴木、阿部、山田直、ポンテ
FW 田中、エジミウソン

代表組の両田中とエジミウソン、そしてなによりアレックスが戻ってきました・・・!

フィンケ監督もコメントしていましたが、ホントに面子的には昨年と殆ど変化が無いのですよね。それなのに、やろうとしているフットボールは全然違う。
監督が変わるってこういう事なんですねぇ。

対して大分の方は、怪我等の関係で高松もいなければウェズレイもいない。
相変わらずディフェンスは固いですけど、如何せん攻撃の迫力不足は否めない所でしたね。

そんな腰が引けた相手を中々崩せないレッズでしたが、前半終了間際に幸運にもオウンゴールで先制!
カウンターチームの大分相手に先制点を取ってしまえば、ゲームプランとしてはかなり有利な展開に持ち込む事ができますが、実際その通りになりました。

後半に入ると、前に出てきた大分の裏のスペースを狙ってカウンター攻撃を何度も仕掛けるレッズ。
何故かシュートの意識が低くて、チャンスでパスを選択してしまう弱気なプレイには閉口しましたが、守備でヒヤリとするシーンも殆ど無く(簡単に裏を取られる山田暢はもっと精進して欲しいですが)、まぁ快勝と言ってよいのでしょうね。

IMGP2390
IMGP2390 posted by (C)kj

いやしかし、今日のヒーローは山田直輝に尽きますね。

小柄な体ながら90分間ピッチを走り回る運動量。
繊細かつ大胆なボールタッチ。
常に周りの状況を確認して、的確なパスの展開でレッズの攻撃を組み立てるその姿は、スペイン代表のシャビを思い起こさせる程でした。

もちろん、まだまだ相手に当たり負けする事も度々ですし、守備時に不用意に飛び込んで抜かれてしまう事だって多いのも事実です。
ですが、その無限の可能性を秘めた小さな体には、ついつい夢を見てしまいます。

とにかくボールに絡むだけで心がワクワクしてくるのですよ。
こんな気持ちになるのは、小野伸二以来かも知れません。

原口と言い、山田直と言い、実に頼もしい若者がユースから順調に育ってきているじゃありませんか!
こりゃシーズンの先行きが益々楽しみになってきました。

IMGP2406
IMGP2406 posted by (C)kj

それから、もう一人のヒーローについて取り上げなければいけませんね。
アレックスです。

オーストリアから戻ってきて、実に長い時間が経ってしまいましたが、ようやくリスタートの時がやってきたようです。
彼独特の相手に突っかけるようなドリブルも何度か出ましたし、ロングスローも効果的でした。
相手ゴールに向かって行く姿。そしてゲーム終了後に4万人の前でダンスする実に楽しそうな姿。
再び目にする事ができて、幸せでした。
左サイドバックは、ただ今緊急事態発生中ですから、これからどんどん活躍してもらわないとね。

IMGP2414
IMGP2414 posted by (C)kj

これでホームゲーム2連勝ですか。
優勝する為には、ホームでしっかりと勝っていかないといけませんからね。
シーズンの滑り出しとしては、まずは上々ですね。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。