スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ 第26節 浦和 vs C大阪

Jリーグ 第26節
浦和 2-0 C大阪

今年の目標をACL出場圏内としている浦和レッズにおいて、3位と好調のセレッソを埼スタに迎える大切なゲーム。
上位との直接対決は勝ち点差を一気に詰めるチャンスですからね。
気合いを入れて参戦してきました。

IMGP7797
IMGP7797 posted by (C)kj

IMGP7774
IMGP7774 posted by (C)kj

IMGP7807
IMGP7807 posted by (C)kj

お互いに4231の布陣で中盤を厚くしているチーム同士、ボールポゼッションでどちらが有利になるかがポイントだろうと見ていましたが、やはり好調セレッソ。非常に良く訓練されたチームだなと感じました。
いつもならレッズがボールをしっかり繋いで攻撃を組み立てて、相手はそれに対処するといったゲーム展開になるのですが、セレッソの前目からのディフェンスがプレッシャーとなってか、上手く前にボールを出せない事が多々ありました。

IMGP7937
IMGP7937 posted by (C)kj

一進一退の攻防が続いた前半14分。
レッズの前からのチェックが功を奏して、原口が相手ゴール前でボールを奪うと低いグラウンダーのクロス。それを達也がワンタッチで中に流すと、そこにはエジが待っていました。
エジもノートラップでシュート!ゴール!!!
流れる様なボール回しで先制点が決まり、スタジアムが盛り上がります♪

IMGP7956
IMGP7956 posted by (C)kj

レッズに流れが傾いてきたかなと思えた前半20分過ぎ。
達也が相手選手と交錯、右膝を押さえて倒れてしまいます。
ドクターの処置により一端はピッチに戻りますが、やはり違和感があったのか自分から交代を申し出る事に。
25分に高崎と交代。

IMGP7818
IMGP7818 posted by (C)kj

そんな嫌な雰囲気を消し去ったのは、この日も大車輪の活躍を見せた柏木と細貝のコンビでした。

二人とも運動量は抜群だしチームに対する責任感もあり、なによりファイトする気持ちが前面に出ていて、ついついこちらも声援や手拍子のボリュームが大きくなってしまいます。
勝利の為にゴールを奪うんだと言う一つ一つのプレイを見ていると、サポーターの心も自然と熱くなってきますね!

IMGP7979
IMGP7979 posted by (C)kj

それからこの日のもう一人のヒーロー、原口元気に触れないワケにはいかないでしょう!
パスを受けて簡単に叩く場面、オフザボールの動き、相手ボール時のディフェンス、そして何より前へ前へとドリブルで突っかけていく姿。一つ一つのプレイに迷いが無く、ようやくここにきて彼本来の鋭さが戻ってきました。

そんな原口が美しいゴールを決めてくれたのが79分!
左からドリブルで中へと侵入し、斜め45度の角度からズドン!キーパーを抜いてサイドネットに突き刺さる実にゴラッソな一発でした!!

IMGP7997
IMGP7997 posted by (C)kj

そのまま2-0でタイムアップ。
ゲーム後のヒーローインタビューでの原口の笑顔が印象的でした。

IMGP8001
IMGP8001 posted by (C)kj

難敵セレッソを打ち破って、これでリーグ戦三連勝!公式戦10戦負け無し!
インタビューで原口も言っていましたが、残りゲーム全て勝つ気持ちでこのまま突っ走っていきたいですね!


IMGP8043
IMGP8043 posted by (C)kj

スタジアムの外に出ると、美しい秋の夕暮れ。
いやいやいや、最高の一日でした!


スライドショーはこちら → フォト蔵・スライドショー(30枚)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。