スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒックとドラゴン」を観ました。(ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋にて)

IMGP7461
IMGP7461 posted by (C)kj

映画「ヒックとドラゴン」を観ました。

アバターをスルーした自分にとって、生まれて初めての3D映画。
初めて3D映画を観るにあたって色々と調べてみると、どうやら上映方式がいくつかある模様。
曰く、「XpanD」「RealD」「Dolby3D」「IMAX3D」の四方式。

映写する映像自体や眼鏡によって見え方の印象がかなり違う様で、IMAXでの上映が無い「ヒックとドラゴン」の場合、「RealID」方式がベストかな?と、わざわざ板橋の劇場まで出向いたのでした。

上映が始まってまず思ったのは、3D凄い!って事でした!←今さら

手前に飛び出してくるって感じよりも、画面の奥行き感が凄いなぁ、と。
何よりも、ヒックが初めてドラゴンを操って空を飛ぶシーンの素晴らしさと言ったら!

カメラの動きが速くなると立体感を認識し辛くなる時もありましたが、やはり3D映画にとって映像演出の向き不向きはありますね。


作品のストーリーとしては、
バイキング一族のひ弱な少年・ヒックが、ひょんな事から怪我をして飛べなくなったドラゴンのトゥースと出会うのですが、本来天敵同士である彼らが空を飛ぶと言う一点で心を通わせ、やがて友情が生まれるのです。
そして、ヒックとトゥースが世界を変えてしまう奇跡を起こす、、、と言うアクション・アドベンチャー映画ですね。

この作品もやはり少年のイニシエーションの物語でした。
周囲の仲間といかにして友情を育み、目の前にある大きな存在を乗り越えていくのか。
ヒックにとっても、トゥースにとっても、それは切実な問題なのですね。


素晴らしいストーリーと3D映像にグイグイと惹き込まれていたのですが、、、。

最後の展開がどうにも個人的に納得出来ない感じでした。
ネタバレになってしまいますから細かい事は言えませんが、結局人間とドラゴンとは違うって事なの?と。
子供向けの作品だから、こう言う話の着地で良いって事なのでしょうかね。。。

なんだかモヤモヤした気持ちで劇場を後にしたのでした。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。