スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロであるということ。

先日、会社の仕事の関係で写真を撮る機会がありました。


普段写真を撮る時って言うのは、”素晴らしい被写体に出会って感じた感動を、如何に自分が感じた様に他の人にも感じてもらえるか”って事を考えながらシャッターを切っているのですが。

プロのカメラマンって言うのは、仕事で写真を撮っているわけですから、クライアントが求めている物を確実に形にする事が必要なワケですね。

そこがアマチュアとプロとの違いなのだと思います。
自分勝手に自分の感情を他人に押し付けるだけでは、いつまで経ってもアマチュアで、残念ながら似非アーティストにすらなれていませんよね。


で、
写真をいくらか撮ってみて、つくづく自分はアマチュアだなぁと思った次第です。

むぅ。。

IMGP9551
IMGP9551 posted by (C)kj

IMGP9569
IMGP9569 posted by (C)kj

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

自分もお金もらってビデオ回してるもんとしてそれはよく言われますねぇ~。お客さんが望んでる絵を撮るってのが最近自分の中でなんとなく分かってきて仕事が楽しいです。

Re: No title

コメントありがとうございます。

仕事が楽しいなんて、素晴らしい事ですね!
自分は趣味で写真を撮っているだけなので、もう少しゆるい気持ちでシャッターをきっていたいと思いますw

No title

個人的には、お客さんの意図の上に
さらにこうすれば!?みたいな自分の工夫とか得意な表現をいれていきたいですね~

もちろんお客さんとの打ち合わせの上でですけど。

言うのだけなら簡単ですけどね^^;

> Goutaさん

えぇ、えぇ。
どんな小さなものにでも、何か一つで良いから自分らしさみたいなものを込めていきたいですね。
それが個性ってやつに繋がっていくんだと思います。

僕もまだまだ精進が足りません。
少しずつでも成長しなければね。
プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。