スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オペラ座の怪人」を見ました。

感想は後ほど書きます。←と自分にプレッシャーをかけておく。


(10月26日 追記)

オペラ座の怪人と言えば、問答無用のミュージカル。

今回の映画化においてちょっと嬉しかったのは、ミュージカルの定番とも言える”歌で台詞を言うシーン”をきちんと撮ってくれた所でしょうか。
あんなに臆面も無く台詞を歌うミュージカル映画って、最近では中々無い気がします。

いや、これは勿論評価しているのですよ。もう断然、高評価。
やっぱり、ミュージカルでは台詞を歌ってナンボでしょう!いやホント。

巷では、台詞を歌うのはどうしても不自然に感じられて、だからこそミュージカルは受け付けない!って人が(多数)いる事は承知していますよ、自分だって。

で、そんな世間の情勢に対応する様に、最近では苦肉の策として、色々な演出方法でもって歌を作品内に収めているようです。
例えば「シカゴ」では、登場人物達は普段の生活の中では歌う事なんて無くて、妄想シーンが始まると皆で歌い出す、と言うある意味で非常に分かり易い演出の切り替えがあったワケです。
また、「ムーラン・ルージュ」では、有名な楽曲の歌詞に登場人物達が各々の気持ちを託す形で歌っていました。ただこれも、台詞を歌うのとはまたちょっと意味合いが違うのですよね。


てなわけで、
今回の「オペラ座の怪人」は、実に正統派、且つクラシカルなミュージカル映画であると思います。

アンドリュー・ロイド・ウェバーの素晴らしいミュージカル舞台劇があり、それを映画化した。
それ以上でもそれ以下でもない、と言えるかも知れません。

美しい歌があり、見事な舞台装置があり、ゴージャスなダンスシーンがある。ミュージカル映画なんだから、それで充分じゃないか、と。


で、
映画を見終わって思いました。
本物のミュージカルを観に行きたい!と。強く、強く!

思えば、劇団四季が「オペラ座の怪人」を福岡公演している時、自分は福岡在住だったのですよね。
何故あの時行かなかった!自分よ・・・!

ま、今更悔やんでも仕方無いのですが。。


そんなわけで劇団四季のサイトに行って、ちょっと調べてみました。
「オペラ座の怪人」は、、、、


名古屋にて公演中、ですか。。orz


あ、でも、
コーラスライン」は今現在、公演しているのですね!
キャッツ」は11月から横浜で!
ウェストサイド・ストーリー」は12月から!

良いなぁ、良いなぁ!行きたいなぁ!
チケット、取れるかなぁ・・・?


なぁんてミュージカルを思わず観に行きたくなる、素晴らしい映画でした。本作品は。(え?)


オペラ座の怪人 通常版 [DVD]オペラ座の怪人 通常版 [DVD]
(2005/08/26)
ジェラルド・バトラーエミー・ロッサム

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

とても素晴らしい作品なのですねv-363

横浜に観に行くと、大好きな横浜観光もできますねv-353

Re: タイトルなし

> トトロさん

美しい音楽と映像に浸りたい時、ぜひご覧下さい。

ははは。
横浜観光!確かに!
これはますますキャッツを観に行かねばなりませんね。
プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。