スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダークナイト」を見ました。(109シネマズ川崎 IMAXシアターにて)

2008年の映画界で、もっとも話題を集めた作品の内の一つである「ダークナイト」。
クリストファー・ノーラン監督によるバットマン・シリーズの最新作ですね。

映画好きと公言しておきながら恥ずかしい事に未見だった自分ですが、この度IMAX版が公開されると言う事で、初日の12日(土曜日)に川崎まで観に行ってきました。

DSCF7472
DSCF7472 posted by (C)kj

いやしかし、とにかく凄かった!
凄い映画を見た後は、まるで魂を撃ち抜かれたように頭がボーッとしてしまう自分なのですが、今回は特に脳味噌の再起動に時間が掛かってしまいました。


何を今更、と笑われるのを覚悟で、感想なぞを書いてみます。

まず何と言っても、今回の劇場がIMAXシアターだったと言う事もあるのですが、映像と音が半端無く素晴らしかったですね。
オープニングの銀行襲撃シーンからいきなりフルスロットルの映像美。テンション上がりまくりでガツンと作品にのめり込まされてしまいました。

そして音!
作品中、常にバックで低く低く流れているベース音が、えも言われぬ緊張感と緊迫感をもたらしていましたし、派手な電子音を多用するのではなく、ストリングスを中心としたトラディショナルな演出には、制作者達の奇を衒う事無く本物の映画を創りたいと言う気概が現れていると感じました。

映画とは光と音の総合芸術だ、と良く言われますが、この二つが高次元でかみ合ったこの作品は、まさに至高の映画体験と言えるものでした。


そしてそして、人間の中にある光と闇をえぐり出した脚本ですよね、やっぱり。
悪へと堕落する心の弱さと、それと同時に希望を失わない人間の強さが描かれていていました。

人の姿をした悪魔そのものであるジョーカーと、同じ様に暴力的なまでの力を持つバットマンが戦うわけですが、その戦いの最中、バットマンに向かってジョーカーは何度も何度も言います。「お前も俺と同じ化け物だ」と。
日陰の存在であるバットマンは、所詮自分と同じ様に光の当たる場所では存在できないのだと言う訳です。

しかし、二人の間には決定的な違いがありました。
身も心も悪に染まったジョーカーに対して、バットマンは武装して超人的な力を持っているとは言え人間であるわけです。
その為、自分自身の持つ倫理観によって、どうしてもジョーカーを殺す事が出来ないバットマン。心の葛藤はある意味で弱さと言えるかも知れませんが、その人間性があったからこそ最終的にはジョーカーに勝利する事が出来るのですよ。
これは、作品のメッセージとしては、この上ないポジティブなものではないでしょうか。


いやそれにしても、
暴力でもって正義を行うと言う矛盾を真正面から描いたこの作品は、明らかに9.11以降に製作されたアメリカ映画だと実感させられますね。

ジョーカーは、なにしろその行動において論理性が全く欠如しているわけです。
銀行を襲撃するのも別にお金持ちになりたいからでは無く、さりとて大それた犯罪を実行する事で得られる地位・名誉を欲しがる訳でも無い。彼が求めているのは、ただただ己の行動によってあぶりだされる、人間の心の中の闇を楽しむ事のみ。
これはまさしくテロリズムの論理であると言えます。

そしてそのテロリズムに対しては、力で押さえつけようとしても無理なのだ、と。
それに打ち勝つ唯一の方法は、希望を失わずに理性ある人間として粘り強く生きていく事しかないのだ、とこの作品は強く訴えていると感じました。

「スターウォーズ・エピソード3」の時もそうでしたが、今、現実に起こっている政治的/社会的問題を娯楽作品という形に結実させると言う制作者達のクリエイティブとしての気骨は、やはりとんでもなく凄い事だと思います。
これだからハリウッドは侮れないのですねぇ。


ダークナイト 特別版 [DVD]ダークナイト 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
クリスチャン・ベイルマイケル・ケイン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

自分もまだ見ておりません・・・
すげぇとは聞いてますが。
見ます!
でもやっぱ音は重要ですね。

> ゾルさん

いやもうね、とにかくすげぇですよ!
今からでも遅くはありません。
明日TSUTAYAにでも行って借りてきましょう!

その昔、ティム・バートンのバットマンにも衝撃を受けましたが、ダークナイトは正直、それ以上ですね。
ゾルさんの様に映像制作に携わる人ならば、自分よりももっと色々な刺激を受けるだろう作品だと思いますよ。
プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。