スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PENTAXの明日はどっちだ。

18日のロイターの経済ニュースに、HOYAの鈴木洋CEOのインタビューが掲載されていました。

インタビュー: HOYA<7741.T>のペンタックス部門は今期黒字化へ、デジカメ事業は他社との連携を模索=CEO ~マネーニュース|最新経済ニュース|Reuters


鈴木CEO曰く、

グループ収益の足を引っ張っているペンタックス部門について2010年3月期に営業損益が黒字化するとの見通しで、特に赤字が深刻なデジタルカメラ事業も今期は収益が大幅に改善する見込み。ただ、デジカメ事業は単独での生き残りは難しいとして、他社との連携を模索していくとの事。

09年3月期に115億円の営業赤字を計上し、4-6月期も9億円の営業赤字だったペンタックス部門だが、来年1-3月にカメラ市場に大きな変調がなければ(通期で)黒字にはなるだろうとの見通し。

今期のデジカメの販売計画は237万台(前期実績は226万台)で、首位のキヤノンの2400万台、ソニーの2000万台、ニコンの1395万台、オリンパスの1030万台と比べて見劣りしている事から、デジカメ事業がこのサイズでやっていけるのか疑問だと考えている。

長期的にデジカメ単独での生き残りは難しいとの見解。その上で、他社との連携を検討していく用意があり、連携相手はカメラメーカーに限定せず幅広く探していく、と。



・・・なにこれひどい。

て言うか、悲しいんですけど。。。


以前から、ペンタックス事業部は赤字体質であるから売却も含めた検討はしている、みたいな話は出ていましたが、今回のインタビューでは、たとえ事業部として黒字になってもやっぱり身売りを検討って!
結局HOYAにとってみたらPENTAXのカメラ部門なんて最初から眼中に無くって、レンズの技術等、自分達が欲しい部分が手に入ったら、残りは切り刻んで処分してしまおうって事だったの? なんて感情的になってしまいますね。。

他社との連携って言うのが、果たしてどういった形のものなのかは分かりませんが、この口ぶりから言って、ペンタックスユーザーにとって幸せな形に収まるとは到底思えないですねぇ。
はぁ。。

ままま、このインタビューは多分に投資家向けの発言の意味合いが強いのでしょうから、夢や希望を語る場ではなかったとは思いますが、こうもはっきりと現実を見せつけられると、将来について悲観的にならざるを得ないのは致し方ない所です。


とにかく、どういう形になるにせよ、歴史あるKマウント・システムが無くなってしまうような事だけは避けて欲しいものです。
その為に他社との連携、と考えると、、、リコーさんと組めれば、あちらには一眼レフ部門が無いので補完関係になって良さそうです。
また、富士フイルムとは中判カメラを盛り上げる意味でも良いのかな、と。


で、次の日の19日。早速、英Amateur PhotographerにHOYAの鈴木CEOの発言に関するペンタックスUKの広報や開発スタッフのコメントが記載されていました。

PENTAX SEEKS ALLIANCE FOR 'LONG TERM SURVIVAL' ~Amateur Photographer

自分の拙い英語力と、Google先生の翻訳によりますと、、

他社との連携と言う点について、とにかく具体的な話がある訳ではない。
それからサムスンとの提携は現在も続いているよ、と。

ま、当たり障りの無い発言ですね。
火消しに躍起になっているって所でしょうか。


何れにせよ、近い将来に何らかの形でPENTAXに変化が訪れる事は確かでしょうから、ただただ、一ユーザーとしてそれがポジティブなものである事を願いたいと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。