スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴に嵌まり中。

Jリーグ 第20節
浦和 0-1 清水

日曜日のJリーグ。
ナビスコカップと合わせて、清水とは連戦でした。

IMGP2779
IMGP2779 posted by (C)kj

あぁ。
なんだか思い出すのも憂鬱です。
もはや忌まわしくも遠い記憶なのですが。。


この日のレッズのポジティブなトピックとしては、左サイドバックに待望の平川が戻って来た事がありました。
逆にネガティブな要素としては、その左サイドバックのアレックスが、名古屋への移籍するのでは、と騒がれていましたね。(結局その後、正式に移籍が発表されるのですが)

IMGP2749
IMGP2749 posted by (C)kj

IMGP2754
IMGP2754 posted by (C)kj

ゲーム前のアップの最中、ベンチを見やると何やらフィンケ監督は隣に座った人物とお話タイム。今まではそのポジションにいるのはモラス氏だったと思うのですが、何か意味があるのでしょうかね?ま、たまたまこの日はそうだったと言うだけなんでしょうけどね。

IMGP2758
IMGP2758 posted by (C)kj

それはさておき、レッズの先発は、

GK 都築
DF 山田暢、坪井、阿部、平川
MF 鈴木、細貝、山田直、原口
FW 高原、エジミウソン

平川は戻ってきましたが、闘莉王とロビーがいない布陣。相変わらずベストメンバーが中々揃わないですねぇ。。

IMGP2788
IMGP2788 posted by (C)kj

ここの所、3連敗中のレッズ。
悪い流れを断ち切れるかと不安に思いつつ見ていましたが、ゲームが始まると悪くない展開が続きました。パススピードも一時期に比べると速くなっていましたし、人も動いていますから、パスをもらったプレイヤーがパスコースを探してキョロキョロと辺りを見回すって事もグッと減っていました。

そしてその、なんとか良い結果を出そうと頑張る選手達を後押しするサポーター達。前半45分間はぶっ通しで”Pride of Urawa”が続きました。
流れを変えようと、試行錯誤に皆必死なんですよね。


結局、前半は0-0のスコアレスで折り返す事になるのですが、得点チャンスも作れていましたし、十分に後半に期待できる内容だったと思います。

IMGP2797
IMGP2797 posted by (C)kj

さて後半です。
前半に引き続きレッズがボールをポゼッションしてゲームの主導権を握っているように見えていましたが、、、。
時間が進むにつれて段々とレッズの運動量が落ちてくるのでした。
レッズが最終ラインでパスを回していても、中盤のプレイヤーのボールを引き出す動きが少ないものですから、清水の前線からのチェイシングによってプレッシャーを掛けられ、苦し紛れに前線へパスを蹴ってしまう事が増えてきまして。

で、その嫌な流れがどんな結果をもたらすかと言いますと、レッズ陣地でボールを失って、枝村にミドルシュートを決められてしまうのでした。
70分の事です。


はぁぁぁ。。
こんな事は結果を出せていた頃には考えられなかったのですよね。
どんなに相手にプレッシャーを掛けられても、ワンタッチ・ツータッチでパスを回して回して、相手の隙を狙って攻撃を仕掛けるのが今年のレッズのスタイルだったのですが。。

大体、対戦チームが対レッズ戦で採ってくる作戦として、高い最終ラインの裏を狙ってロングボールを蹴ってくる事が殆どでした。で、レッズの失点パターンとしては、そのロングボールに対する処理を誤ってしまった時が主だったのですがね。

各チーム共、レッズについてのスカウティングが進んでいると言う事もあるのでしょうね。
さらに強いチームへと成長する為には、この壁を突き抜けてこそ、なのですよね。

IMGP2781
IMGP2781 posted by (C)kj

この日、一番辛かったのは、それまで曲がりなりにもアグレッシブに戦っていたレッズの選手達が、失点してしまった途端に皆自信を無くしてしまったかのようなプレイになってしまった事でした。
結果が出ていない時って、得てしてそう言うものなのですよね。
あぁ。。

このままではマズいと、74分にセルヒオとロビーを投入するフィンケ監督でしたが、失ってしまったリズムを取り戻す事は出来ず仕舞いでした。
終了間際に最後の猛攻を仕掛けてみるも、清水に上手く逃げられてしまいました。

0-1の負け、です。
ナビスコカップで苦杯を舐めた清水に、埼玉スタジアムでも敗れると言う非常に残念な結果となってしまいました。

IMGP2791
IMGP2791 posted by (C)kj

ゲーム終了後にスタンドを一周する選手達には、拍手とブーイングの両方が送られていました。僕自身はなんだか脱力してしまって、立ち上がる事も無く、ただただ選手達を目で追う事しか出来ませんでした。。
サポーターにとっても、ここが我慢のしどころですねぇ。

幸いにもJリーグは一週間のお休みが入って、次節は15日。
チームを立て直す時間はありますからね。
怪我人だって何人かは戻ってくるでしょうし、この苦しい状況をなんとか抜け出して欲しいと思います。


この日撮った写真をスライドショーにまとめました。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。