スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず先勝。

ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第1戦
浦和 2-1 清水

週の半ばの水曜日、平日夜のフットボール。
行くかどうか、行けるかどうか、ギリギリまで不明でしたが、仕事がなんとか片付いたので埼スタまで馳せ参じる事が出来ました。

IMGP9897
IMGP9897 posted by (C)kj

チケットの販売状況が思わしくないとの情報は事前に出ていましたが、観衆は結局、今季最低の21,271人。駒場だとその数字でも超満員になるのですが、6万人収容の埼玉スタジアムでは流石にガラガラ感が漂っておりました。
まぁある意味で濃いサポーター達が集結したと考えることもできましょうか。
実際、北ゴール裏の声量は普段と変わらないものを感じましたしね。


さて、レッズの先発メンバーは、

GK 山岸
DF 山田暢、闘莉王、阿部、高橋
MF 細貝、濱田、セルヒオ、原口
FW 高原、エジミウソン

前節、不安定だったセンターバックには闘莉王、阿部の代表コンビが入りました。
対戦相手の清水が攻撃においてスピードを重視するチームではない為、対人能力の高い二人を配した事でゲームを通じてほぼ危なげないディフェンスでした。

また、中盤には怪我で欠場の啓太に代わって濱田が初先発。細貝とコンビを組む事に。
やはり運動量のある細貝は攻守に渡ってチームに良い影響を与えますね。濱田もまずまずの動きで合格点の内容でした。

IMGP9917
IMGP9917 posted by (C)kj

さて、この日は当日にチケットを購入した事情もあり、いつものSB指定席ではなく久しぶりの自由席での観戦でした。
南スタンドの角辺りから見たピッチは、なんだかいつもと勝手が違っていて新鮮な感じ。
アウェイチームのサポーターの声を、こんなに近くに感じたのも久しぶりでしたしね。

IMGP9926
IMGP9926 posted by (C)kj

前半は、キレキレのドリブルを炸裂させていた原口が、タッチライン際を走る姿をすぐ目の前で堪能する事が出来、それだけで充分に満足できる内容でした。
チームとしても、相変わらず縦への勝負パスが少ないかなと思わなくもないのですが、こればかりは真夏の暑さや中3日と言うコンディションとも絡んでくる話なので、まずまずかな、と。
しっかりとボールポゼッション出来ていますし、パスも丁寧に良く繋がっていましたしね。
及第点でしょう。


ゲームの展開としては、原口のドリブルをエリア内でマルコス・パウロが止めてPK獲得。
これを落ち着いて(エジではなく)闘莉王が決めて先制。

後半開始早々に清水にゴールを決められますが、ボロが出始めた濱田に代わって堀之内が登場。これで一進一退になりそうだった流れを引き寄せる事が出来ました。

で、
60分に闘莉王のシュートがバーに当たって跳ね返ったボールを、エジミウソンが頭で押し込む、と。

これでほぼゲームは決まりましたね。

IMGP9933
IMGP9933 posted by (C)kj

危なげなくゲームをコントロールして、きっちりと勝利。
なんだか安心してゲームを観ていられました。

そうそう、サポーターのテンションがいつもよりも低かった、と言う事は無かったと思うのですが、何故かこの日は”We are Diamonds”が無しでした。
何かしら理由があったのでしょうが、南スタンドからは事情が良く分からず仕舞いで、それだけがちょっと心残りだったような。。

IMGP9994
IMGP9994 posted by (C)kj

さてさて、これでホーム&アウェイの準々決勝の半分が終わりました。
第2戦は月末ですか。
1点アウェイゴールを決められてしまいましたが、相手清水は元から1点を守るようなチームでは無いですからね。そこまで神経質になることはないでしょう。
次もしっかりと勝利を目指して戦えば、自ずと次の段階が見えてくるのではないでしょうか。
期待しましょう。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。