スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛だろ、愛っ。

昨日の「ペンタックスカメラ博物館」が閉館、のニュースに続き、またまた不況を実感させられるニュースが巷を賑わせているようです。

トヨタ、富士F1開催から撤退=業績不振で、参戦は継続 ~時事.com
富士スピードウェイ「F1開催に向けた状況は変わっていない」 ~AUTOSPORT web

トヨタ自動車が富士スピードウェイでのF1 GP開催から撤退するかもね、との事。
ま、そんな事だとは思っていました。

富士でのF1開催は、初年度での地獄絵図がミソを付けた形になってしまって、只でさえシンパの少ないF1でのトヨタの人気を、益々低くさせてしまう原因となってしまいましたからね。
まぁ長年開催されていて、ある意味では日本F1の象徴的存在だった鈴鹿から半ば強奪するような形で開催権を入手しておきながら、不況を理由にたった2年で手放すのですから、非難されても仕方が無いのですがね。

おっと、まだ正式発表は先なのですね。
これは先走ってしまいました。


いやしかし、
昨年のホンダに続いての今回のトヨタのF1開催権からの撤退は、Formula Oneがもはやビッグ・ビジネスになってしまって、昔とは時代が変わってしまったと言う事の証明なのでしょうか。
ここ最近の、来シーズンF1の新しいシリーズについてのゴタゴタも、結局話の根っこは同じ事なのですよ、きっとね。

エンツォ・フェラーリや本田宗一郎のいた幸せな時代は、遠く過ぎ去ってしまった。。


でも、だからこそ、「愛だろ、愛っ。」と言いたいのです。
F1に対しての純粋な愛を、F1に携わっている総ての人達に求める事って、そんなに大それた希望なのでしょうかね?


ここでまたまたYouTubeで知った映像を一つ。
フランスの地で聖闘士星矢を熱唱する青年のムービーです。



これですよ、これ。
愛ですよ、愛。

彼には、自分が愛するものに対してのリスペクトの気持ちが溢れています。
残念ながら、審査員には苦笑する人や引いてしまう人や理解不能な人しかいないみたいですが、いやいやそれでもしっかりとその愛は伝わってきます。

ま、どこの国のヲタクさんも、イマイチ異性にアピール出来なさそうって言う事実には目を瞑る事にしましょうか(笑)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

日本語で上手に歌っていますねv-291
私も兄達と一緒にこの曲、歌っていましたよ~v-353

はい、今でも歌えますv-290

愛って とっても大きくて深いものなんですねv-345

> トトロさん

今でも歌えるなんて、何気に凄いですね!
やっぱりそれも愛、ですかね。
プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。