スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジとタカ、揃い踏み。そしてロビー。

Jリーグ 第15節
浦和 2-0 神戸

清澄庭園の散歩を早めに切り上げたのには、4時からレッズのゲームを見なければと言う理由があったのでした。
ただ、ホームゲームながら駒場開催で参戦ならず。
てなわけで、TV観戦です。

レッズの先発は、

GK 都築
DF 山田暢、闘莉王、阿部、永田
MF 鈴木、細貝、山田直、原口
FW 高原、エジミウソン

坪井が怪我で欠場。センターバックの穴を埋めたのは阿部でした。
さすがにリーグ戦で暢久を真ん中にもってくるのはリスキーですし、なにより阿部の方がこのポジションでの経験も豊富ですからね。

で、中盤の底には代わりに細貝。
今シーズンの阿部を見ていて、ディフェンス面はともかく攻撃に絡む動きの少なさから、ここは細貝の方がチームのバランスを考えてもベターな配置ではないかと考えていましたので、個人的にはさもありなんって感じでした。

左サイドバックには永田。
ナビスコでデビューはしていましたが、リーグ戦はこの日が初先発。
アレックスがイマイチ監督の戦術に馴染んでいない今のうちに、このままどんどん活躍してレギュラーを奪って欲しいですね。


さてさて、前節のマリノス戦は内容的に見てもまるでポジティブな要素の無い完敗でしたから、得てして次のゲームはチームに危機感が出て良いゲームをするものですが、、、
果たしてその通りになりました。

開始いきなり2分にエジミウソンがゲットゴール!
中盤から前線に掛けて、長めのパスを繋いでサイドを変えつつの連動性溢れる見事なゴールでした。

その後すぐに神戸にも決定的なチャンスが訪れるのですが、これを大久保が外してくれた事でゲームの流れが決まりましたね。

レッズは落ち着いてゲームをコントロール出来るようになったと思います。
完敗で失った自信を取り戻すのに、先制点はなによりの薬になりますからね。

マリノスの対レッズ対策を研究したのか、神戸は長いボールを最終ライン裏のスペースに放り込んできますが、この日は闘莉王、阿部共にコンディションが戻ったようでスピードで振り切られる事もなく(後半に入ってちょっとバタバタしましたが)、まずまずの守備でした。

で、前半終了間際、今度は高原がゴール!
こちらも自陣からパスを繋いで繋いで、最後は相手のディフェンスの隙を突く形での見事なゴールでした。
ボールを受けてから自分のリズムで相手ディフェンダーの寄せを交わしての鋭いシュート。
高原のコンディションが上がってきた事を物語る、得意な形からのゴールです。
うむ。良い感じですね。


後半に入っても、レッズは落ち着いてゲームをコントロール。
こうなると、後はベンチに戻ってきたロビーがいつ出場するのか、に関心は移ってくるわけですが。
フィンケ監督は80分まで慎重に待っていました。
原口に代わってポンテ先生がピッチに登場すると、駒場のスタンドからは拍手、拍手。
皆待っていたのですねぇ。

これで中盤は直輝とロビーが並ぶ形に。
この二人に梅崎が絡む姿、はまだちょっと先でしょうが、想像するだけでも実に楽しみです。
レッズの行き先は明るいですよ。いやホントに。


てなわけで、勝ち点3が絶対に欲しかったゲームで確実にそれをモノに出来、復活の待たれた選手も帰ってきましたし、実に収穫の多いゲームでした。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。