スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆勝のダービー

ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第7節
浦和 6-2 大宮

ナビスコカップ、グループリーグの最終戦。
グループリーグ首位でこの日を迎えたレッズにとっては、勝てば自力でのトーナメント進出が決定、引き分けると同時進行の広島の結果如何では敗退、となる大切なゲームでした。

IMGP7059
IMGP7059 posted by (C)kj

レッズの先発メンバーは、

GK 山岸
DF 西澤、山田暢、坪井、永田
MF 鈴木、細貝、山田直、原口
FW 高原、エジミウソン

直輝と原口がスタメンに帰ってきました。
それに加えて西澤と永田の両サイドバックは共に22歳、18歳と非常に若いです。中盤の細貝だってまだまだ23歳ですからね。
今シーズンのレッズは、若手が本当に元気が良いです。

特に左サイドバックの永田はプロ入り初スタメンで大注目です。
待望のレフティーのプレイヤーという事で、相馬が抜けた後、イマイチ定着するスタメンがいなかったポジションですから、ここで活躍できれば一気に!なんて事だってあり得るわけですよ。
実際この日の永田は良かったですね。
最初は自重してしっかり守るようにしていましたが、タイミングを掴んでからは積極的に攻撃参加。その都度精度の高い左足からのパスでチャンスを演出していました。

IMGP7063
IMGP7063 posted by (C)kj

大宮とは先日のJリーグに続いてのダービーだったのですが、、、。
うーむ。
レッズにとってみれば、あんまりダービーってのを意識しないゲームでしたね。なにしろ大宮側のチーム状況がすこぶる悪いようで、いつものようにパスは回りますしピンチも殆どなかったですから。

それもこれも直輝が復帰した事がやはり大きいのでしょうかね。
彼がいるのといないのとでは、オフェンスに関してもディフェンスに関しても、一段レベルが違ってくる気がします。
個人に依存しないチーム造りを進めるフィンケ監督ですが、直輝の成長スピードが早過ぎてチームの成熟を追い越してしまっている感じでしょうか。

IMGP7066
IMGP7066 posted by (C)kj

そんなこんなで、前半はレッズが圧倒的にゲームを支配しつつも、大宮の最後の踏ん張りでスコアレスが続いていたのですが、、
ついに38分、直輝がゴール!
後ろからのパスを落ち着いてストップ、相手GKを上手くフェイントで交わしての得点でした。

後半に入っても、やっぱりレッズペースは続きます。
で、立ち上がりすぐ、高原が藤本にペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。
ちょっと前までの高原でしたら、相手との接触で自分からダイブするような無様な姿がよく見られましたが、やはり調子が良くなるとちゃんと相手にファウルで倒されてPKになるんですねぇ。

ファウルの藤本はイエーローカード二枚で退場。
これで二試合続けてのゴールか?とスタジアム中の人が考えていると、何故かペナルティスポットに向かうのはエジミウソン。

???

ま、確かにエジだって約一ヶ月間ゴールが無いですから、高原の優しさだったのでしょうかね?
これで2-0。

さらにさらに、それから1分も経たずに、今度はエジからのラストパスを受けた高原のゴール!
左足で思い切り蹴り込むのではなく、右足アウトサイドでキーパーのタイミングを外す頭脳的なシュートでした。やるじゃん高原!
PKを譲るのには、ちゃんと訳があったのですね。
自分自身とチームの調子が良いから、いつだって得点できるよ、とね。

こうなると完全にゲームは完全にレッズのものです。

71分には原口にも久しぶりのゴールが生まれます。
彼も期待されながら約二ヶ月間ゴールが無かったですからね。嬉しかったでしょうね。
得点後、交代で入っていたセルヒオとがっちり抱き合う姿に、思わず感動してしまいました。

IMGP7068
IMGP7068 posted by (C)kj

さてさて、これで5-0。
この辺りからなんだかレッズがおかしくなってきます。ただでさえ大量得点差で勝っていて、しかも相手は一人少ない。確かに集中が切れても仕様がないのも分かります。
攻撃は個人で突破する形が増えてきますし(なにしろそれでシュートまで行けてしまうのですから)、ディフェンスラインも疲れからか高いラインを保てなくなってきて。

そんな展開で、一番最初に致命的なミスをするのは・・・、
やはり暢久でした(笑)

破れかぶれの大宮の攻撃に暢久がお付き合いして、事故のような二失点。
たまらずフィンケ監督が堀之内を投入。
いつものように中盤に入ったホリでしたが、すぐに暢久とスイッチして最終ラインへ。
これでやっとディフェンスが落ち着きます。

で、ゲーム終了間際には前に上がった暢久がゴールを決めるのですから、もうなんと言うか笑うしかありませんね。
実に暢久らしいです。

IMGP7078
IMGP7078 posted by (C)kj

6-2、今シーズン最多得点での爆勝です。

なんだかんだで、ここまで得点の少なかったレッズでしたから、サポーターもなんだか戸惑ってしまったのか、場内の雰囲気もちょっと変な感じでした。
嬉しい、楽しいってのも勿論あるのですが、それよりもヘラヘラと笑ってしまう感じとでも言いましょうか。。

大切な儀式”We are DIAMONDS”も、出だしに乗り遅れてしまいました。。

ま、たまにはこんな変わった雰囲気も良いものです。
いつもいつも緊迫感に溢れてギスギスしたスタジアムだと、ストレスが溜まってしまいますからね。

IMGP7093
IMGP7093 posted by (C)kj

てなわけで、見事にナビスコカップ、グループリーグ突破です。
次はいよいよノックアウトでのトーナメント。
そして来週からはお休みしていたJリーグだって始まりますね。

ここの所、若手の大抜擢が続いたレッズは、三連勝と言う素晴らしい結果を出す事ができました。
そしてなにより、出場した若手達がそれぞれ自信を付けて成長しているように見える事が嬉しいですねぇ。
もうすぐ代表メンバーも帰ってきますし、ますますチーム内の競争が激しくなってきそうです。
シーズン後半に向けて、期待に胸が膨らむ一方ですよ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。