スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと君津に行ってきました。

東京を早朝に出発。
東京湾アクアラインを通って、房総半島は君津へ。
今日は一日、現場仕事でした。

途中 、海ほたるP.A.でトイレ休憩という事になり、その時間に少しだけ写真を撮る事ができました。
海の対岸、川崎側はぼんやりとガスっていて、残念ながら富士山を見る事が出来ませんでしたが、それでも青い空と青い海(と強風!)を存分に堪能する事ができました。

IMGP2282
IMGP2282 posted by (C)kj

この写真は千葉側ですね。


海ほたるには、海底トンネルの掘削に使用したカッターフェイスが展示してあるのですが、これはどうやら実物ではなくレプリカのようですね。
ちょっと残念な気分です。。

IMGP2262
IMGP2262 posted by (C)kj

IMGP2267
IMGP2267 posted by (C)kj


IMGP2296
IMGP2296 posted by (C)kj


周囲になんだか家族連れの姿が多いなと思っていたら、どうやら今、世間では、春休みと言う物の真っ最中なのですね。
学生時代に戻りたい、なんて事はこれっぽっちも思わないですが、休みの多さだけはひどく羨ましかったりしますねぇ。。


スポンサーサイト

紅白、それは祝福の色

横浜でレッズの勝利を堪能した後、東京タワーを見に芝公園まで行ってきました。

先日のWBCで日本代表が優勝した事を記念(?)して、今晩まで、ライトアップが『おめでとう!侍JAPAN!スペシャルダイヤモンドヴェール』仕様になっているのでした。
これは写真に撮っておかねば、って事ですよ。

日本国旗をイメージし、赤と白を基調としたデザインは、素晴らしく綺麗でした。

IMGP2254
IMGP2254 posted by (C)kj

IMGP2257
IMGP2257 posted by (C)kj

雲もいい具合にあって、よりドラマティックな雰囲気でしたね。

苦しみながら勝ちを掴んだ日。

ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第2節
横浜FM 0-1 浦和

あの忌まわしい2007年Jリーグ最終節、横浜FC戦以来の横浜国際でした。
今日の対戦相手の横浜FMと言えば、昨年のJリーグ最終節で1-6と虐殺された相手でもあります。
とにかくなんだか思い入れと因縁の詰まりまくった横浜の地へと、久しぶりに行ってきました。

IMGP2149
IMGP2149 posted by (C)kj


先発は、

GK 山岸
DF 山田暢、坪井、堀之内、平川
MF 鈴木、阿部、山田直、ポンテ、原口
FW 高原

代表組では、ゲームに出場しなかった阿部が先発フル出場。

IMGP2161
IMGP2161 posted by (C)kj

埼玉スタジアムでFC東京に快勝して以来、我らがレッズはアウェイゲームを苦しみながら続けてきました。
その流れは今日も続き、パス回しはぎこちないですし、前線でボールが落ち着かないので全体の押し上げも巧く行かず。両サイドバックの攻撃参加なんて、ホントに数える程。
やはり好調なエジミウソンが出場できずに、高原の1トップにした布陣が原因なのでしょうかね??

そんな中、数少ない攻撃でのポジティブな面と言えば、原口のドリブルと直輝のパスのみ。
待望の先制点は、原口のドリブルがファウルで止められた事によるPKで得られたのですが、これはある意味で必然でした。

IMGP2166
IMGP2166 posted by (C)kj

後半、ポンテ先生の怪我で若手の西澤が交代で入ってからは、ますます中盤での落ち着きがなくなり、次第に山岸のワンマンショーが始まってしまう嫌な展開に。
セル、濱田を相次いで投入して、なんとか逃げ切る事ができました。。

ナビスコでは10試合勝ちが無かったレッズでしたが、これでなんとか一息つけました。
どんなに悪い内容であっても、勝ち点を獲得する事がまずは重要ですからね。
少しずつ前進して行けば良いんですよ。旅はまだまだ始まったばかりです。


いやいや、それにしても横浜国際って、あんなにだだっ広いんでしたっけ??
一応2万人以上の観客が入っていたようですが、とにかく風が強くて、寒くて寒くて。。
久しぶり過ぎて忘れてました。
二階席の前目で見ていたのですが、向こう側のゴール前の様子なんて遠く霞んでよく解りませんでしたよ。。
あれじゃぁ濃密なフットボールを堪能することなんて難しいですよね。
時々ビールの売り子さんの声が耳に入ったりして、妙に牧歌的な雰囲気なのも違和感ありまくりでした。ここは未だに日本リーグなのか?はたまた野球場なのか?なんて。

普段は埼玉スタジアムと言う素晴らしい環境で過ごしていますので、マリノスサポーターに対して、なんだか同情的な気持ちすら持ってしまいました。
オフサイドを、オーロラビジョンが映像ではなく文字で教えてくれたのには驚きましたけどね。
なんて親切な!(笑)

IMGP2184
IMGP2184 posted by (C)kj

ま、勝てたから良いんですよ。
すべてOK!
We are DIAMONDSも気持ち良かったですしね。

都筑のいないゴールマウスを、獅子奮迅の活躍で守った山岸が一番輝いた春の日の午後でした。


ちょっと有明に行ってきました。

東京ビッグサイトで開催されている「Photo Imaging Expo 2009」に行ってきました。

DSCF6565
DSCF6565 posted by (C)kj

カメラや写真に少しでも興味のある人ならば参加する事は必須だと思われる、まぁ言ってしまえば、年に一度の写真業界のお祭りですかね。


個人的に注目していたSIGMAのDP2をしっかりとチェックしてきました。

IMGP2082
IMGP2082 posted by (C)kj

意外とゴツいと言うか、ズッシリとした触感でしたねぇ。
いや決して重かったわけではなく、小さいながらもボリューム感に溢れてると言った感じ。
触っているとどんどん欲しくなってしまうので、自制する為にもすぐにブースを離れてしまいました。(笑)


今回のイベントで目に付いたのは、中判カメラですかね。
APS-Cフォーマットがとりあえず規格として一段落して、35mmフルサイズに向かっていく流れが昨年辺りから本格的になってきましたが、各社共さらにその先を見据えた狙いがあるのでしょうね。

IMGP2072
IMGP2072 posted by (C)kj

まぁ、まだまだ法外な値段がしますから、一般ユーザーが気軽に手にするのはかなり先の事になりそうです。
世の中不況ですしね。

そんな中、逆にフォーサーズ/マイクロフォーサーズに注力して、よりコンパクトなサイズのカメラを売りにするメーカーもあったりして。
面白いものですねぇ。

果たしてどちらが正解なのか。否、どちらとも正解なのか。
実はどちらも不正解で、カメラ業界がシュリンクしていく未来だけは来ないで欲しいと願います。

ままま、会場内にいる人間の殆どが高価なカメラを手にしていて、そんな暗い未来なんてありえないよなぁと感じてしまった午後なのでした。


HDムービーではないけれど

こりゃ凄い!

Chemical Brothers - Star Guitar


世の中には、ホントに凄い才能を持った人が沢山たくさんいるって事ですね。


プロフィール

kj

Author:kj

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
photo
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。